人妻と不倫セックスをするのに最適なサイト

01サクラに騙されたくないなら、大手の出会い系以外は絶対に利用しないでください!!

世の中にはたくさんの出会い系サイトがありますが、その9割以上が悪質な出会えない系サイトであるといえます。特に、「淫乱奥様」だの「セフレ直行便」だの、まるで風俗店か何かのようなタイトルの出会い系サイトはまず間違いなくお金と時間のムダです。

考えてもみてください。たしかにそんなタイトルの出会い系サイトならすぐに人妻とセックスできそうに思えますが、ごく一般的でまともな人妻がそんなタイトルの出会い系サイトに登録するでしょうか?

……そんなわけないですよね。

女性が出会い系に求めるものは「安心感」と「知名度」です。その2つを満たすのは、誰もが知っているような大手の出会い系サイトしかないのです。

そんな大手サイトの中でも特に有名な、日本で三本の指に入る出会い系サイトはコチラです。

ハッピーメール

言わずと知れた出会い系サイトの王者ですね。会員数日本一の出会い系サイトです。プロフィール検索の「さらにこだわる」を選択し「交際ステータス」を「既婚」にすれば人妻だけを検索することができます。

ワクワクメール

ハッピーメールと並んで、日本で2番めに有名な出会い系サイトですね。こちらも「交際ステータス」で「既婚」を選んで検索することが可能です。

PCMAX

PCMAXは、説明の必要もないくらい有名ですね。プロフィール検索にそのものズバリ「不倫・浮気」というチェックボックスがあります。

 

人妻熟女の不倫攻略の近道!「セックスに恋愛感情をブレンドする」

出会い系サイトにいる人妻熟女は、そのおおくが肉食です。だから会えさえすれば直ぐセックスが出来ます。

人妻熟女をターゲットにした出会い系サイトとセックスは、切っても切れない関係にあると言えます。

ただ人妻熟女と言っても、相手は女性ですから、あからさまに「一発やらせろ」では実も蓋もありませんし、さしもの熟女もすぐには応じづらいというものです。

意外に思われるかもしれませんが、出会い系サイトにいる人妻熟女でも、あんがい恋愛感情を欲してきたりします。

飢えているのは身体だけかと思えば、恋愛感情にも関心を持っていたりしますので、適度に恋愛感情をブレンドしてあげると、熟女のほうでも乗りやすくなり、人妻攻略は簡単にできます。

熟女にもあるお姫さま願望

自分を可愛く思われたい、この願望はおそらく洋の東西、古今を問わず、女性すべてに共通する、普遍的な心理(真理)ではないかと思います。

熟女どころか老女にさえあるといえます。

早くに結婚をして、50歳くらいで孫の出来た女性が、孫に向かって「○○ちゃんはみんなに可愛がってもらえていいわね」などと羨むような口調で、あやしつけていたりする姿を見ますが、偽らざる女性の本音だと思います。

では、女性は誰に可愛く思われたいのか? いうまでもなく男からそう思われ、そのように扱われたいと、いつも心の中で思って生活しているわけですね。孫の相手をしているときさえそうなのです。これはもう女性の性とも言えます。

ところが結婚生活も長くなると、旦那もそうそう自分の奥さんをお姫様扱いはしなくなり、適度な水遣りさえも怠るようになることが珍しくありません。

家の中でそうなると、人妻の不満はだんだんと外に向かうようになりますが、外に出たからといって、すでに子供も大きくなった主婦を可愛がり、まして恋愛感情の対象にしてくれる男が簡単に現れるわけもありません。

心の底にある渇きは、身体の疼きと共に、癒やされる機会を求めている状況といえます。

人妻が夫ある身でありながら出会い系サイトに登録をする心理です。

人妻攻略法としては、ここを突くことになります。難しいことはありません、人妻熟女の中にある可愛いらしい点をいち早く見つけ、そこを愛撫してあげるだけでオッケーです。

これだけでお姫さま願望のある女性は簡単に懐いて来ます。

熟女は話が好き

出会い系で知り合い、ある程度親しくなってからLINEなどに移ると、熟女はとにかくよく話すようになります。

女性は、基本的に井戸端会議的な話が大好きです。

男からすると苦手な部分でもあるかもしれませんが、そこを我慢してある程度話に付き合って上げます。

逆に言えばすでに、旦那にとっては面白くも可笑しくもない話ですから、家の中では聞いてももらえないわけです。

だから誰かに聞いて欲しいわけです。それを聞いてあげて適当に相槌を打っておけば、ばっちりポイントを稼げます。苦手なら相手にしゃべらせておくだけで十分です。

さて、可愛がってもらえ、自分のチャームポイントまで教えてもらえた上に、積もる話まで聞いてもらえた熟女さん、気持ちはもうすっかりあなたに傾いています。落とすまでもうちょっとです。

人妻が望んでいるのはプチ恋愛

しかし、ここで勘違いしてはいけません。人妻の気持ちが傾いてきたからといって、出会い系の人妻に本気で大恋愛をしたいなどという考えは毛頭ありません。

かといって恋愛感情に対する期待がまるでないかといえば、先に書いたようにそういうわけではないのです。

人妻が欲しがっているのは大文字の恋愛ではなく、小文字の恋愛、プチ恋愛です。

代わり映えのしない日常では味わえない体験を出会い系に求めながら、家庭を壊すことは絶対に望まないしたたかさをあわせ持つ人妻熟女を落とす決定打が、プチ恋愛なのです。

可愛がり、話を聞いてあげながら、折にふれて恋愛感情を忍ばせていけば、出会い系に登録している人妻は、ほぼ確実に落とすことが出来ると断言できます。

人妻と絶対に会えない日【とりあえず諦めろ!】

生活感溢れる姿が、どこか初々しさを感じるものの、やっぱり3歩下がって男を立ててくれたり、なれた手つきで勃ててくれる人妻ちゃん。

とはいえ、残念ながら「どうしても会えない日」というのが人妻にはあります。

愛情や相性を抜きにしても、会えない日は当然、他の男と浮気しているわけではありません。

そこで、男らしく諦めておきたい人妻と絶対に会えない日をご紹介します!

都合良いはずが……人妻と会えない日

独身の女性と比べて、物を買い与えたりおしゃれなカフェを巡ったり高いだけのレストランでご飯をおごったりしなくても良いのが、人妻の魅力。

都合よく扱いやすいのが本音…という男性も多いのではないでしょうか?

また、セックスに対しても、旦那とごぶさたの女性が多く常に欲求不満モード。

日頃育児や仕事、家事で貯め込んだストレスを、一気に爆発させる濃密なプレイがお好み。中には、SMや青姦など、彼女とはできないハードな内容を楽しんでいる人も多いです。

人妻だからこその魅力がある反面、人妻ならではの理由で絶対に会えない日があります。「他に男ができたか?」「捨てられたか?」と焦ってケンカに発展しないよう、諦めておきたい日をピックアップしました。

子供の誕生日、夫婦の結婚記念日

いつかわからないからこそ、予定を立てるのが難しい子供の誕生日と結婚記念日。

11月22日(いい夫婦)や1122のナンバーの話から、ぶっこんでみたり、相手から話してきた子供のイベントから、さり気なく確認するのが賢いやり方。

元々、土日には遊べない人妻ちゃんだとすれば、土日に重なっていれば儲けものです。理由が理由だけに、相手の女性からも「この日は用があるの」とは言い難い話。

さり気なくリードしてあげながら、日にちを確認しておきましょう。

ゴールデンウィーク

ゴールデンウィークは、サラリーマンの旦那さんや小さな子どもがいる家族にとっては、絶好の家族サービス週間です。

混雑するとわかっていながら旅行をする人たちや、いつもの休みより足を伸ばして遊びに出かけることが多いため、出会い系のデートもお休み期間。

せっかくの休みではありますが、外泊なんてもってのほか。残念ながら、一般的なカップルのイベントを楽しむことはできません。

お盆

毎度毎度、渋滞ニュースが報じられるお盆は、帰省する家族が圧倒的。お互いの実家に出向いたり、長期旅行にでかけたりするため、遊ぶのは至難の業。

さらに小さな子どもがいるママさん人妻なら、夏休みと重なって気分はすっかり遠距離恋愛モード。

どうしても人妻が恋しい男性なら、お盆を会えないことを言い訳にして前後で遊んでおくのも良い方法でしょう。

クリスマス

恋人たちにとっては、最高にロマンティックな一日も人妻にとってはサンタさんのサポートをしなければいけない日。

クリスマス前後に会うのは難しいものの、そのまま年末年始まで会えないことも……。

ぶっちゃけクリスマスはラブホも特別料金になるため、会えないのは好都合。

とは言え、そのまま年が明けてしまわぬよう、クリスマス前に2人だけの忘年会を忘れずに約束しておきましょう。

年末年始

人妻と最も会えない日は、ずばり!年末年始です。

大掃除に年末年始の買い物、実家への挨拶回りに、親族との集まり……。目が回るほど忙しい人妻も、ここでは心の余裕がなくなり、完全に放置モードされるとき。

お気に入りの人妻ならグッと我慢をして、余裕のある男をアピールする時です。

年が開けて数日すれば、セールや初売りにかこつけて時間を作ることは可能。うまく家を抜け出す方法を伝授して、ヒメハジメを楽しみましょう。

割りきって、新規開拓も!

人妻はやはり家族の縛りが出てくると、どうしても優先的にせざるを得ない状況です。残念ながら、ごねてどうにかなる……とは言えないでしょう。

ウジウジしていてもしょうがないので、ここは割りきって新規開拓をするチャンスと思うべき。

裏を返せば、独身女性にとっては変わらず暇な時、もしくは人恋しくなるタイミング!

うまくいけば、不倫中の独身女をゲットできれば、確実にマッチング成功と言えるでしょう。

出会い系サイトで人妻ばかり探している男性陣も、たまには幅を広げてみるのもおすすめです。

人妻を初回のデートでホテルに連れ込むテクニック

みなさんは人妻をデート初日にホテルに連れ込むためにどのようなことをしていますか?

  • 「ベロンベロンに酔っ払うまで飲ませる」
  • 「エッチしたいからホテルに行こうとストレートにいう」
  • 「お金で交渉している」

こんなことをしていませんか?

たとえ少ない確率でホテルに連れ込むことはできたとしても、セフレ関係に持っていくのは厳しいでしょう。

では、どうするのか?

本日は、人妻を初回のデートでホテルに連れ込むテクニックを紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

待ち合わせは週末の夜

まず注意したいのがデートの日程です。ホテルに連れ込むのが最終目的であれば、昼間の待ち合わせはNGです。

遅ければ遅いほど良いというわけでもなく、だいたい19時や20時くらいがベターと言えるでしょう。

21時や22時などあまりに遅い時間の待ち合わせだと、「もしかして体目的なのでは?」などと怪しまれてしまいますので、その辺の塩梅を考えて19時か20時を目安に設定してください。

そして、「週末」というのがカギになります。

厳密にいうと、週末にかぎらず、女性のスケジュールが翌日の午前中くらいまで空いている日、という認識で構いません。せっかくデートが良い雰囲気に進んでいても、女性が翌日朝から仕事であれば元も子もありません。

ですので、デートの日程を決める際は、女性の翌日のスケジュールまで確認した上で決定してください。このデートの日程を間違えてしまっては、ホテルに連れ込むどころか少し早い時間に解散、という結果にもなりかねません。

日程を決める際はくれぐれも慎重に

もし、女性の方から昼間の待ち合わせを指定された場合は、あなたに対して警戒している可能性が高いです。

その場合は、当日ホテルに連れ込む可能性はもちろん、セフレ関係に持ち込むのも至難の技です。もうその女性は切ってしまい、他の女性にアタックした方が効率的でしょう。

会う前に可能な限りたくさん連絡(メール)を取り合う

初めて会う男性に対して女性は少なからず警戒します。

当たり前ですよね?

物騒な世の中なので何が起こるか分かりません。

しかし、この警戒レベルを軽減させることは可能です。この警戒レベルをほぼ「0」にさえしてしまえば、出会った当日にホテルに連れ込むのも容易になります。

例えばメールのやり取りを開始した時点が警戒レベル10だとします。もしその翌日に会う場合、当日中にホテルに連れ込むのは難しいでしょう。理由は明白です。女性の警戒レベルがほぼ10のままだから。

ここで重要なのは、連絡を取りあってから実際に会うまでの期間。もっと言うと、期間というよりは、連絡を取り合った回数です。

連絡を取り合うことでお互いのことを知ることができますよね?

仕事や趣味や好きなアーティストなどなど、お互いのことを知ることで少なからず共通点や興味のある項目が発見されるはずです。

そうすることで女性があなたに持つ警戒レベルが少しずつ軽減されるのです。目標は全く警戒していない状態ですが、連絡を取り合っている中で、女性から色々と自分のことを話し始めたら、「そろそろ警戒も薄れた」と思ってOKです。

最終ゴールは、「初めてなのに初めて会った気がしない」と思わせるところです。そのためにもお互いのことを色々知って、当日のデートも終始楽しい雰囲気で進行させる必要があります。

ですので、焦ってすぐにデートの日程を決めようとせず、じっくりと育てあげて警戒レベルを軽減してから決めるようにしてください。

あまりお互いのことを知ってから初デートに臨むと、会話が続かないと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな心配は必要ありません。

デート当日は、今まで連絡を取り合った中から話題を抜粋して、「そういえば◯◯ちゃんって◯◯が好きなんだよね」「そういえば◯◯ちゃんって◯◯なタイプなんだよね」と復習するだけでOKです。

それが例え些細な内容でも構いません。むしろ些細な内容であった方が「こんなことまで覚えてくれてたんだ♡」など好感を持ってもらえます。

ですので、初デートの前までにこれまで連絡を取り合った内容を熟読してからデートに臨んでください。

堂々とホテルまでリードする

ここまで出来たらあとはホテルに誘うだけです。

「もし断られたら……」とおじけ付いてなかなか言い出せない方も多くいらっしゃるでしょう。

そんな心配は一切無用です。

女性は意外と誘ってもらうのを待っているものです。そう考えたら、誘う側も楽になりませんか?

ですので、堂々とホテルに誘ってください。ここで自信なさ気に誘っては、せっかく待ってくれている女性もゲンナリしてしまいます。

「もう少し◯◯ちゃんと一緒にいたいから泊まっていこう!」
「今日は一緒に寝よう!」

このように自信を持って誘ってください。そして、言い切ることが重要です。

「もう少し◯◯ちゃんと一緒にいたいから泊まっていく?」
「今日は一緒に寝る?」

など、女性に答えさせる質問形式の誘い方はNGです。女性は誘って欲しいのであって、自分から「泊まっていく!」「寝る!」などとは答えたくありません。

そこは男性が主導権を握ってください。ですので、女性に「う、うん……」といわせるような誘い方をしてください。

まとめ

いかがでしたか?

今回ご紹介したテクニックはどれも簡単なものばかりです。出会った当日中にホテルに誘えるか誘えないかは、デートをする前に決まっているといっても過言ではありません。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

人妻の興味を惹くメール

人妻の興味を惹くメールってどんなメールでしょう?

出会い系サイトでは人妻は一回の投稿で何十通ものメールを受け取ることになります。残念ですが、せっかく出したメールも読まれること無く削除されること、受信メールの山に飲まれることも少なくりません。実際男性でもメールを開き忘れることもありますよね。そういった失敗の無いように実際に第一印象がしっかりとしたメールを書いて人妻を惹きつけたいものです。ここではそんな際立つメールの書き方を紹介しましょう。

内容は二の次!注目度を上げる題名!

返事のもらえないのには理由があります。何通も届くメールの中からパッとしないとみなされればすぐに読まないのも分かります。

そうなると、内容までにいく題名がとても大事になってきます。題名で惹きつけると内容を読んでくれます。自ずと返信率も上がるということです。どんなに一生懸命に書いた内容でも題名で削除されては意味がありません。つまり、内容以前にとっかかりが一番重要だということです。

実際に読まれているメールってどんなの?

分かりやすい例で紹介しましょう。プロフィールに「映画が大好き」と書いてある女性に対しての見出しです。
「はじめまして。〇〇といいます。~自己紹介~△△さんは映画が好きだそうで、私も最近公開された映画を~」
どうでしょう?礼儀正しい文章ではありますが、「はじめまして」というのは山ほど使われている題名でもあり、最初の一言でもあります。
では、
「〇〇の映画見た?」
から入ってみるとどうでしょうか。内容はどんなものなのかと気になってメールを読んでしまいます。その映画がもし、彼女の趣味と合うものなら尚更でしょう。確率としてまずメールを見てもらえる可能性は高くなります。
挨拶、自己紹介は大事ですが、何よりもまずみてもらうことが大事なのです。題名や一行目にはインパクトの強い言葉を入れるようにしましょう。女性からの反応は大きく変わります。返信率も大幅に上がるでしょう。何より自分に興味があってメールをくれた男性だということが1行目で理解してもらえるメリットもあります。

メール送信から男性のスタートラインは同じです。そこからの違いはやはりテクニックが必要なのです。女性の興味を引いたもの勝ちなんですね。きっかけはどんなものでもいいんです。とにかく印象に残る一言を一発目に入れてみましょう。必ず返信率アップに繋がります。

初デートで即エッチしたい

初デートで即エッチしたいですね。

じつは出会い系サイトで人妻と二人で会えることになったら、あなたを受け入れている、と思って間違いありません。

人妻の方は「当然ホテルに誘われるだろう」と期待していると思ってください。

ここでビビってしまい、エッチに誘う言葉を言い出せない人が多いようです。そういう草食系の男子は、ずっとデートで言葉のやりとりだけを楽しんでいてください。

本当の意味で相手とつながりたいと思ったら、腹をくくって、エッチに誘うことが大切です。

その際、自然な態度と言葉でエッチに誘うことが肝要です。

妙に上ずった声になったり、変なことを言ってしまったりしないように、初めての人は家でエッチに誘う言い方を練習してみるといいでしょう。自然な言葉でズバリエッチに誘う方が、案外うまくいくようです。

たとえば「疲れたね。ちょっと休んで行こうか」と突然、婉曲な言葉でエッチに誘うと、相手に「冗談ばっかし」とかわされる場合が少なくありません。

「疲れたね。ちょっと休んで行きたいよね」と質問調で何気なくエッチに誘うのも、「イヤよ」と応じられれば、二の句が継げなくなります。

かといって「疲れたなあ。ちょっと休もうよ」と理由を付けてホテルに誘う言い方も感心できません。本当はエッチしたいという下心がミエミエだから、相手に妙な警戒感を与えてしまうのです。

誘い方はズバリ「ねえ、ホテル行こう」「ねえ、エッチしよ」でいいんです。

「何で」と聞かれたら、「あなたが好きになっちゃったから」と本音を吐きます。

エッチしたい下心を隠して誘うから、相手に警戒されてしまうのです。

相手に受け入れ態勢が十分なら、このようにズバリエッチに誘うのが最も効果的です。

他の出会い系サイトの業者

優良な出会い系サイトも、他の悪徳出会い系サイトの業者は防ぎようがありません。

こちらのサイトは退会しようと思っています。もしよろしければ xxxxx@xxxxxx.com にメールしてください。

こっちのサイトだったら無料だから、そこでやりとりを続けませんか? http://www.xxxxxxxxxx.com です。

そんなメッセージが来たら、他の出会い系サイトの業者だから気をつけてください。彼らは、そうやってメールアドレスを収集しているんです。

運営に報告されたらすぐに強制退会させられてしまうのですが、次々と新しいアカウントを作っては、こんな風にアドレス収集を繰り返しています。

もちろん、なかには本物の素人女性もいるかもしれませんが、そんな確率の低いギャンブルをする必要はありません。

もしも、メールアドレスが業者の手に渡ったら、スパムメール・架空請求の嵐です。

ぜひとも、そういったことにならないようにお気をつけ下さい。

ほかにも、こんなスパムメールがどんどん増えていますね。

  • 毎日女性とSEXするだけで大金を稼ぎ出せる事が出来る事を知っていましたか?
  • 実際稼いでいる男が実在するんです!!
  • よくある逆縁サイトの勧誘ではありません!!
  • 冷やかし程度の気持ちで見てみて下さい!

悪質ですね。

ちなみに返信すると……余計にスパムが来るようになります。業者にアドレスが登録されちゃってるんですね。

スパムメールからの勧誘は100%悪徳業者が送ってきているものと考えた方が良いでしょう。

人妻をデートに誘うタイミングとテクニック

メール交換というのは楽しいものですが、それだけを続けていても意味がありません。紳士ぶってなかなか誘わないでいると「私って会う魅力がないのかな…?」と誤解されてしまいかねません。誘うときは早すぎず、遅すぎずのタイミングが大事です。

ケースバイケースではありますが、わたし的には「2週間前後」を一つの目安にしています。仲良くなるのに1週間。そこから1週間以内に会える日を段取りして実際に会うのが2週間前後あたり…というわけですね。もしなかなかお互いの都合が合わなかった場合も焦らずにいきましょう。ここでわがままをいうようでは男の程度が知られてしまいます。

相手の都合は尊重しつつ「自分は何日と何日があいてるけど、どちらはどうかな?」というような具体性を持った誘い方を心がけましょう。「近いうちに」や「そのうち」なんて言葉を使っていたら一生会えませんよ。

実際に誘うときはどうしたらいいのか?

まずはどのへんに住んでいるのか聞きましょう。

そしてあなたがその場所に詳しいのなら、その場所の情報で盛り上がりましょう。

「ぼくも○○に行ったことがあるよ。あそこはご飯が美味しいね」

みたいなかんじですね。

よく知らない場所なら、どんな場所か、どんなお店があるかを聞きましょう。

そのうえで、その場所に一緒に行こうと言ってみましょう。

その他、結婚している女性なら、最近の夫婦仲を聞きましょう。

出会い系に参加している女性なんて大抵は夫婦仲が悪いので、一緒にストレスを発散するように誘いましょう。

セックスがしたくて出会い系をしているという人妻は多い

セックスがしたくて出会い系をしているという人妻は多いです。もちろん男性のほうが多いのですが、女性だって一定数は必ず居ます。いかにその女性にめぐり逢えるか、または発掘するかがキモなのです。

なので少しでもそういう女性に会えるチャンスを増やす意味でも、エロに対してはオープンにしておきましょう。恥ずかしがって当たり障りの無い話や書き込みばかりだと、みすみすチャンスを逃すようなものです。

出会い系サイトに登録している女性というのは2つのタイプに分けられると思います。

それはすでにエロい女性と、これからエロくなる女性の2通りなんですね。話していて真面目そうで、奥手そうな女性ほど実はそういうのに興味津々だっ たりしますし…あからさまにエロくて簡単な女の子とセックスするのも楽しいですけど、たまにはそういう地味目な女の子を開拓するってのも楽しみの一つですよ。

人妻とメールを始めて実際に会うためにどういう風にさそったらいいのか。

人妻とメールを始めて実際に会うためにどういう風にさそったらいいのか。

まずはタイミングですね。これは、平均的には1週間・10通くらいが良い頃合いなのではないかと思います。これより短ければ警戒されるし、これより長いと熱が冷めてしまいます。もちろんケースバイケースでですが、警戒と情熱の天秤をうまく感じとってください。

そして誘い方ですが、これは最初からこちらの要望を述べてしまうのがスマートです。「いつごろどういう形であいたい」と。もっとも、その後に、こちらの予定ばかり言って申し訳ないと思っていること。予定と合わせることも可能なこと。などをきちんと説明することが大切です。最初から相手の都合ばかり聞いていてもなかなかアポはとれませんし、逆に優柔不断で不安にさせてしまうものです。まずはズバリとこちらの都合を言う、というのが大切です。

そして出会えたらどうしたらいいのか?

不倫希望の女性は何を考えているのか?

体と心の隙間を埋めたい。

それが答えです。綺麗事かもしれませんが、本当に体だけという女性はすくない。

やっぱり女性は愚痴を聞いて欲しい。その上で抱いて欲しいんです。

そのことを念頭に置いて親身になって相手の話を聞いてあげてください。

世の中には、大人の出会いを求める多くの女性がいるのです。

それなのに男性はどんどん消極的になってきています。

草食系男子どころか、最近は性欲が全くない絶食系男子なんて言葉も出てくる始末。なんとも嘆かわしいことですが、その分ライバルが減っているという考え方もできます。

それは出会い系においても顕著なもので、メールしてるのに全然誘ってこない男性が増えてきているそうです。目当てのイケメンがいたけど反応が薄かったから、押してきたアナタにしちゃった、なんて言われたこともありましたからねw

押して損することは多少はありますが、得することのほうがもっともっと多いです。どんどん押しましょう!